COMPANY会社概要

マスコットキャラクター

2015年4月、大成温調の新しいマスコットキャラクター「トップ(TOP)くん」が誕生しました。

「トップ(TOP)くん」のデザインは、アデリーペンギンとジェンツーペンギンをベースにしています。
これは1948年に生まれた初代マスコット「ぺんぎん」を踏襲したもの。
愛嬌があって人なつこいペンギンのキャラクター同様、ステークホルダーの皆さんに大成温調により親しみを感じて頂くために、これから活躍して行きます。

トップくん

トップ(TOP)くんのプロフィール

誕生日 4月3日
出身地 南極大陸
性格 好奇心旺盛
明るくて人なつこい
ちょっとさびしがり屋
好きな食べ物 新鮮な魚
アイスキャンディー
特技 泳ぐこと、走ること
憧れていること 空を飛ぶこと
好きなもの きれいな水と空気

名前の由来
「Taisei Oncho Penguin」の頭文字から取りました。大成温調として、トップを目指そうの意味も込めています。

「ぺんぎん」と大成温調

ペンギンロゴ 「ぺんぎん」と大成温調の関係は、半世紀以上の過去、創業当時に遡ります。
1948年(昭和23年)、冷凍機器製造を主力事業としていた当社は、業績拡大のため、冷凍機や冷蔵庫、パッケージエアコン、ショーケースなどの当時の自社製品に、冷凍のイメージから寒冷地の生き物である「ぺんぎん」の愛称をつけ、オリジナルキャラクターをあしらったトレードマークを表示して、販売展開を行いました。

「ぺんぎん」製品は、当社が本業をメーカーから設備工事へ転換した1964年(昭和39年)頃まで製作されましたが、その後も「ぺんぎん」の名称は、社内報や関係会社、メガソーラー発電所、2014年(平成26年)に落成した新しい独身寮の名前などで、大成温調の歴史と共に歩んできました。

キャラクターが「ぺんぎん」に決まるまで
自社製品に印象的な名前をつけたいと考えた当時のスタッフは、冷凍をイメージさせる動物として、シロクマとペンギンを思い浮かべました。
しかしシロクマは下手に描くとネコと見分けがつきません。上手に描いても遠くから眺めると姿がぼやけてしまいます。その点、ペンギンは幼児が描いてもペンギン。しかも紳士的な風格もあり、平和的で親しみやすい印象があります。
「これだ」と、衆議一決してペンギンに決まったということです。