BUSINESS事業内容

たてもの設備診断

人間が毎日働きつづけていれば、健康そうに見えても疲労が蓄積されていくように、建物設備も運転開始と同時に目に見えない劣化が始まります。

そこでおすすめしているのが当社の「たてもの設備診断」です。

お客様の診断要請に応じて、多種多様な建物の診断を実施しております。

ビルディングドクターを中心に、診断分野に応じたチーム編成を行い、空調衛生設備における機器診断をはじめ空調ダクト・配管の劣化状態、振動測定による機器寿命判定、給水管・排水管の腐食状態など、設備の重要点を的確につかんだ診断を行っております。おかげさまで診断を実施した多くのお客様からも評価を得て、以前にも増した信頼関係の構築が出来ているものと自負しております。

これからも私たち診断チームをよろしくお願いいたします。

たてもの設備診断とは

専門医が症状をチェック。
ビルディングドクターが細部にわたって診断します。

たてもの設備クリニック 建物設備の健康状態を診断するビルディングドクター。空調・衛生設備から室内環境、ダクト、給水・給湯、排水管など各設備の健康状態を専門家が厳しくチェックします。たとえば、経年変化による劣化を測定し、残存寿命の評価や故障・漏水の時期を推定します。
また、法律改正などによる法不適合部分の指摘など、プロの目が劣化や故障によるトラブルの芽を見逃しません。診断後に作成される"たてもの設備診断報告書"は、今後の建物維持管理の参考としてお役たていただけます。

たてもの設備診断メニュー

下記の6種類のメニューより、お客様のニーズに沿ったメニューをお選びください。

メニュー名 設備項目 診断部位 診断・測定項目
空調設備
総合診断
物理的劣化
社会的劣化
安全機能診断
問診・目視
触診・聴診
衛生設備
総合診断
物理的劣化
社会的劣化
安全機能診断
問診・目視
触診・聴診
機器診断 一次診断 問診・目視
触診・聴診
振動測定・騒音測定
配管診断 空調配管
給水・給湯配管
排水配管
温度・流量・排水状態
残留塩素濃度
残存肉厚・腐食の状況
ダクト診断 空調ダクト
換気ダクト
排煙ダクト
風速・風量
温度
汚れ
環境診断 温熱環境
水質
空気質
省エネルギー
PMV測定評価・熱画像
装置による計測評価
水質チェック9項目
室内空気環境測定7項目・臭気強弱測定
簡易エネルギー診断・省エネルギー提案

設備診断のながれ

建築設備診断フローシート

建築設備診断フローシート

たてもの設備診断報告書

たてもの設備診断報告書 建物の健康は、やはり予防が最も大切です。建物を永く健康に保ち、寿命を延ばすためには、建物健康診断を行い、異常があれば適切で素早い治療をすることが重要です。診断結果を正確に、精密にまとめた「たてもの設備診断報告書」は、建物の健康状態をわかりやすく把握するための最適な資料となります。