BUSINESS事業内容

地中熱利用システム

一般的に、地中10mより深い地点の温度は外気温の変動によらず年間を通してほとんど一定で、夏には外気温より低く、冬には高くなります。また、平野部の大半が沖積層で形成され地下水が豊富な日本の国土には、地下の浅い部分に砂礫堆積層が存在し、伏流水がゆっくりと流れています。
地中熱利用システムは、この浅い地盤中に存在する低温の熱エネルギーを空調・給湯・融雪設備の熱源として利用するシステムです。

地中熱利用システム概要図

地中熱利用システム概要図

地中熱利用システムの特徴

  1. 天候に左右されず、日本中どこでも利用可能です。
  2. 地中熱を熱源とするので、電力使用料を削減できます。
  3. 冷房時の排熱を地中に放出するため、CO2の削減とヒートアイランド現象の抑制に効果があります。
  4. 当社は、地中熱交換井の採熱・放熱効率を向上させる「雨水浸透式地中熱利用システム」を採用しています。

当社施工実例

  1. 学校・大学キャンパス・社員寮・複合公共施設等