BUSINESS事業内容

フロン排出抑制法 法定定期点検のご案内

空調・冷凍機法定点検のご案内

2015年(平成27年)4月からフロン排出抑制法が施行され、空調・冷凍機の法定点検が義務化されました。当社では、フロン抑制法法定定期点検をご依頼のお客様を対象に、法定定期点検の実施記録を管理し、次回定期点検も予定させていただきます。法定点検のご連絡・ご相談は、ぜひ弊社までお願いします。

機器の法定点検内容

機器の法定点検内容

*注1:3年に1度以上の定期検査とは、法施行後3年の間に1回以上の点検を言います。
このため、法施行初年度に当該規模の機器の点検を一度に行う必要はありません。計画的な実施をお願いします。

ご用命>設備診断>提案>見積り>点検

R22冷媒 空調機更新のご案内

R22冷媒は、2015年以降、入手困難になり、空調機の故障や保守への対応が難しくなります。この機会にR22冷媒使用空調機を更新しませんか?さらに省エネ効果と環境負荷低減が望めます。ご連絡・ご相談は、ぜひ弊社までお願いします。

■2000年(平成12年)以前に設置された空調機には【R22冷媒】が使用されています。

R22>R407>R410

R22冷媒(HCFC)生産枠削減

R22冷媒生産枠削減

モントリオール議定書およびオゾン層保護法に基づき、R22冷媒(HCFC)の生産量は、2015年に基準年(1989年)の10%に規制され、2020年には実質全廃になります。2015年以降は品薄状態や価格高騰により、空調機が故障してもすぐに修理ができないことがあります。なるべくお早めに、より環境負荷の少ない空調機への更新をお奨めいたします。

↓

空調機更新で、さらに省エネ効果と環境性能もUPします!

ご用命>設備診断>提案>見積り>更新>環境配慮>省エネ効果

  • お問い合わせ(東京本店 サービス統括部)

  • TEL. 03-5742-7318 FAX. 03-5742-4555

    ほか各支店ファシリティ部門へ